前へ
次へ

新人の教育を担当する事になったら責任を持つ事

企業に勤めていると、時には新人教育を担当する事があります。
会社には毎年多くの新人が入社することも珍しくないので、勤務経歴が長くなるといつかは新人担当になることがあります。
そこで、新人を教育する時には、責任を持つ事が大事です。
新人を教育して一人前にする事は、会社にとって重要な事です。
もし、新人がいつまで経っても一人前にならなかった場合は、戦力として使えないので会社にも影響が出ます。
新人教育をする事になったらしっかりと自分が担当する新人を一人前にする事が重要です。
一人前にするためにはどうすれば良いのかを考えながら教育していく事が必要です。
また、新人は仕事をしていく時にミスをする可能性も高いです。
そのミスをフォローすることも大事なので、常に新人の仕事を見て、間違いがあればアドバイスをしたり、ミスが起きないように対策を立てます。
新人教育は想像以上に重要な役目になりますが、うまく新人を教育すれば自分の評価が高くなります。

Page Top