前へ
次へ

教育現場で進んでいるジェンダーレスの取り組み

自分が中学に上がる頃は、男子は詰襟。
そして、女子はセーラー服と、制服はおおよそ相場が決まっていました。
それに何の疑問も持ちませんでした。
選ぶも何も、それしかなかったからです。
が、小学校から中学校に上がる年代では、ボーイッシュで活発な女子って結構いましたし、逆に華奢で女の子っぽい感じの男子も結構いた気がします。
特に活発な女子に対して、スカート姿をイメージすると何だかおかしくて、からかってしまった。
なんて、記憶もあります。
男子はズボン、女子はスカートって云うのは、現在では明らかに偏見だって言う解釈もあり、都内を始め、幾つかの教育の現場で、制服のジェンダーレス化が進んでいるそうです。
特に女子は、ズボンかスカートか自身で好きな方を選べると云う方式に変わってきつつあるようです。
教育現場でも、性的マイノリティーの悩みを抱える児童・生徒も増えていて、こうした多様性と価値観を認めあって、制服の在り方にも、一石を投じている流れだと云う気がしました。

Page Top