前へ
次へ

スクールサポーターは教育現場を劇的に変えてくれるか

いわゆる「働き方改革」の一環として、時間外の勤務も多くて休みが取れない学校の教員に、休日が取得できやすくするように導入する施策として、現在、スクールサポーター制度と、それに関わるスクールサポーターの養成と確保が始まっています。
この制度は、果たして教育の現場を、劇的に変えてくれる制度になってくれるでしょうか。
特に中学校では、部活に力を入れている先生も多く、自ら進んで指導に当たっている先生も大勢いらっしゃいます。
こうした先生は、果たしてサポーター制度に肯定的なのでしょうか。
学校の先生が現状置かれている状況は余りにも仕事の量も多く、単にシェアすると言っても引き継ぎが煩雑でややこしかったりして、それだったら現状維持でも良いって感じる先生もきっと多いでしょう。
一般の感覚を教育の現場で実践してみてどうなるのか、本当に考えた通りに変わっていけるのか。
私自身も、教育支援の仕事をしているだけに、この制度にも大いに関心があります。
いずれにしても良い方向に変わっていく事を願っています。

Page Top