前へ
次へ

学校の先生になるのが夢だった事を覚えている

私が小学生の時は、学校の先生にあこがれている自分がいたのです。
なぜ、学校の先生にあこがれていたのかというと、学校の先生は小さい子どもたちと触れあう機会が多く、子どもの成長を見届ける事が出来るからです。
また、自分の教育の仕方によって生徒を成長させる事が出来るのでそれも醍醐味なのかなと思ったのです。
さらに、子ども一人一人を評価して、成績を付ける必要があるので、それも一つのやりがいなのかなと思ったのです。
なかなか人を評価する職業は多くはないと思うので、人を評価する事が出来る学校の先生はやりがいがあると感じる事が出来たのです。
小学生の時は、よく自分が学校の先生になったらどうなるんだろう、先生になるためには何が必要になるのかなどを良く考えていたのです。
結果的に学校の先生にはならなかったですが、今でも学校の先生は楽しい職業だと思いますし、もし、もう一度小学生に戻ることが出来れば学校の先生を目指していた可能性はあります。

Page Top